第55回 全国建設業労働災害防止大会研究論文を募集

来年度の第55回全国建設業労働災害防止大会(横浜大会)の研究論文を募集!!

当協会では、2018年9月20日(木)・21日(金)の両日、横浜市のパシフィコ横浜で開催する「第55回全国建設業労働災害防止大会(横浜大会)」(以下「大会」という。)に向けて、研究論文(以下「論文」という。)を募集します。

採用となった論文については、「第55回全国建設業労働災害防止大会研究論文集(CD-ROM)」に収録し、大会当日、参加者へ提供します。また、各専門部会委員会の審査で選ばれたものについては、大会2日目の専門部会にて、ご自身による壇上発表の機会を設けています。

皆様のご応募をお待ちしております。

1.目的

会員企業が、日頃から努力と工夫を重ね、成果を上げてきた店社や作業所等における安全衛生管理活動等を紹介し、その情報やノウハウ等を他の企業へ提供することによって共有化を図り、全国的な安全衛生水準の向上につなげる。

2.応募要領

(1)応募資格

原則として会員企業とする。

ただし、建設業の安全衛生管理活動は、元請業者と専門工事業者が協力して実施していることから、会員企業の安全衛生協力会等も対象とする。

(2)論文の主なテーマ

次の①~⑩の応募区分により、日常の安全衛生管理活動等の創意・工夫により、実際に成果を上げたものとする。

ただし、建設業の安全衛生管理活動は、元請業者と専門工事業者が協力して実施していることから、会員企業の安全衛生協力会等も対象とする。

ただし、未発表のものに限る。

  1. リスクアセスメントの実施に関する活動
  2. 労働安全衛生マネジメントシステムに関する活動
  3. 安全衛生教育等の創意・工夫により成果を上げた日常の安全衛生管理活動
    • (ア)安全衛生管理体制の確立と運用等
    • (イ)作業方法・作業手順等の改善
    • (ウ)安全施工サイクル、KY活動、ヒヤリハット活動、不安全行動防止活動等
    • (エ)安全パトロール、安全衛生点検等の活動
    • (オ)安全衛生教育(職長教育、能力向上教育、新規入場・送り出し教育、特別教育、建設工事従事者教育、ヒューマンエラー教育等)の実施
    • (カ)「安全の見える化」等による労働災害防止活動
  4. 工法、機械、設備等の工夫・改善による安全性の向上
    • (ア)工法、設備、機械・機材等の考案・開発等
    • (イ)「解体作業における石綿対策」、「ヒューマンエラー対策」、「熱中症対策」、「快適職場づくり」等の創意・工夫
  5. 海外建設工事における安全衛生管理
  6. 専門工事業者の安全衛生管理活動
  7. 低層住宅建築工事における安全衛生管理活動
  8. 自然災害に係る復旧・復興工事における労働災害防止活動
  9. 健康保持増進・メンタルヘルス対策
  10. 安全衛生協議会等による安全衛生管理活動

3.採用及び公表等

応募論文は、各専門部会委員会及び安全管理士の審査を経て、大会の壇上発表、論文発表(CD-ROM)の採否を決定する。

  1. 各専門部会委員会で選出された論文は、大会2日目の専門部会において壇上発表する。
  2. 採用されたすべての論文は「第55回全国建設業労働災害防止大会研究論文集」としてCD-ROMに収録し、大会当日、参加者へ提供する。
  3. 採用者には、大会の招待券を送付する。
  4. 審査結果の通知方法は、次のとおりとする。
    • ①壇上発表採用者へは電話等で連絡する。
    • ②前項①以外は書面等で連絡する。 (※2018年5月頃予定)

4.応募方法等

(1)応募先・お問合せ先

建設業労働災害防止協会 業務部 広報課 宛

〒108-0014

東京都港区芝5-35-2 安全衛生総合会館7階

Tel 03-3453-8201 Fax 03-3456-2458

(2)応募締切日

2018年1月12日(金)必着

(3)応募形式

  1. 原稿の作成ソフトは、原則「ワード」とし、文字数6,000字以内とする。(参考:A4サイズ4頁程度)
  2. 用紙レイアウトは、A4 サイズ縦一段組、文字11 ポイント、1 行40 文字、1 頁40 行とする。
  3. 写真は1枚につき300 字、図面は1 枚につき600 字と換算する。
  4. 原稿には、次の1)~5)を必ず記載する。なお、これらは、文字数のカウントには含まれない。
    • 1) 論文タイトル及び副題、
    • 2) 執筆者会社名、
    • 3) 所属部署・役職・氏名(※複数で執筆の場合は執筆者全て入れる。)
    • 4) 頁数
    • 5) 写真・図面・添付資料への番号とタイトル(※写真等は、論文内容該当箇所に添付する。)
  5. 原稿すべてを「パワーポイント」の「スライド画像」とすることは不可とする。
  6. 原稿作成では文体(ですます調、である調)と表記(など、また、ともに、および)等を統一する。
  7. 応募の際は、次の1)~3)をそろえて応募する。
    • 1) 「第55 回全国建設業労働災害防止大会研究論文送付書」
    • 2) 応募論文のワードデータを 収録したCD-R 等 (※PDFデータは不可)
    • 3) 応募論文をプリントアウトしたもの3部。
「第55回全国建設業労働災害防止大会研究論文」応募要領 (PDF)
「第55回全国建設業労働災害防止大会研究論文」送付書 (EXCEL)

5.その他

  1. 特許、実用新案等に関連のあるものはその旨を必ず明記する。
  2. 論文執筆、応募等に係る全ての経費は執筆者の負担とする。
  3. 大会の壇上発表に係る旅費等ついては各自の負担とする。
  4. 執筆にあたり、論文に掲載する写真等について、個人情報等に十分注意する。
  5. 採用された論文は編集等の都合上、許可なく変更することがある。
  6. 論文は返却しない。
  7. 応募された論文を公表することについて、あらかじめ同意しているものとする。
  8. 論文に係る著作権等は当協会に帰属する。
  9. 前各項に掲げる内容から発生する一切の損害について、当協会は執筆者に対して一切責任を負わない。

ホピーくんTOP