自由断面掘削機の掘削支援システム

[ICT研究開発事例]自由断面掘削機の掘削支援システム

概要・活用方法

①概要 本技術は、自由断面掘削機による掘削時においてトンネル掘削形状管理と地山性状の定量評価をリアルタイムで実施可能な掘削支援システムである(図1、写真1、写真2)。このシステムでは、掘削機に設置された高速3Dスキャナによる機体位置・姿勢把握手法を利用して掘削位置情報(カッタ先端の位置情報)をリアルタイムで可視化すると同時に、掘削に要した電力量等から掘削地山の性状を定量評価することができる。これにより、トンネル掘削形状や地山の安定性を掘削作業時にリアルタイムで把握することが可能となり、掘削作業の効率性や安全性の向上が図れる。②活用方法 オペレータがモニタ画面上において掘削位置を確認しながら設計通りの形状を掘削するとともに、掘削地山の性状(強度等)も同時に評価する。

特徴・効果

 掘削機に設置されたモニタ画面を見ながら計画通りの断面掘削を行うことができるため、従来のような切羽直下における掘削形状の確認作業(危険作業)を削減させることができる。

活用上の注意点

計測時には、機体位置・姿勢測定用の特殊基準球(3個)を機体後方の側壁に設置しておく必要がある。

自社で開発/改良したい技術

本技術を利用して自由断面掘削機の無人化施工技術を開発する

対象とする主な対策(本質安全化)

  • [危険作業対策]トンネル切羽作業
  • [職場環境改善・メンタルヘルス対策]生産性の向上/不安全行動の抑止
登録番号 17-7
活用分類 無人化・省力化/機械センシング
適用工事
  • 【土木工事】
    山岳トンネル工事
作業 山岳トンネルの掘削
特許・実用新案 特許:無
実用新案:無
当該事例紹介ウェブサイト
https://www.nishimatsu.co.jp/solution/engineering.php
掲載日 2020年1月 7日

【カテゴリ】

  • [活用分類]無人化・省力化/機械センシング
  • [土木工事]山岳トンネル工事
  • [抑止可能なリスク(災害の種類)]飛来、落下/崩壊
  • [危険作業対策]トンネル切羽作業
  • [職場環境改善・メンタルヘルス対策]生産性の向上/不安全行動の抑止
  • [ICT関連]センサー/計測・測位・変位

企業情報

西松建設株式会社 技術研究所

お電話でお問い合わせの方は
03-3502-0279

<当サイトの利用に関連する保証及び責任について>

当協会は、当サイトに最新の正確な情報を掲載するよう努力しますが、この情報の正確性、安全性、適切性について責任を負わず、保証するものではありません。

当サイト及び当サイトからリンクされているサイトへのアクセス及び利用する方は、自己の責任及び善良なる管理者の注意義務に基づき利用することに同意したとみなします。

当協会は、当サイト及び当サイトからリンクされているサイトの利用、アクセス又はアクセス不能の結果生じる損害及び当サイトの情報の誤謬を信頼した結果生じる損害について責任を負いません。

当サイトを活用して行う建設工事については、いうまでもなく、各事業者において、法令遵守、安全第一をもって工事の施工を行ってください。

ホピーくんTOP