ずい道等建設労働者健康情報管理システムのご案内

ずい道等建設労働者健康情報管理システムについて

「じん肺」という病気をご存じでしょうか。

じん肺とは鉱物性の粉じんを長期間吸い込むことで発症する肺の病気です。じん肺は発症まで長い年月がかかり、かつ進行が不可逆的であるために健康管理が難しい病気の一つです。

国は事業者にじん肺健康診断の実施とその結果の保管を義務付けていますが、現場毎に就業先を変えることが多いずい道等の建設工事現場では、過去の健康診断情報がそれぞれの就業先に散逸しがちであるという問題がありました。

そこで、建災防では厚生労働省の補助を受け、ずい道等で働く方のじん肺健康診断結果と作業従事歴を一元的に保管し、ご本人からの申請によって健康情報等を提供する事業を開始しました。

システム登録前の事前準備について

情報の登録には働く方ご本人の同意書が必要です。事業者の方々は事前に同意書のご準備をお願いいたします。
同意書は以下よりダウンロードできます。

お問合せ先

ずい道等建設労働者健康情報管理システムセンター

建設業労働災害防止協会 
総務部

〒108-0014 
東京都港区芝5-20-14 三田鈴木ビル5階地図

電話イラスト
お電話でお問合せの方は
03-6435-0280
メールイラスト
メールでお問合せの方は
zuidou_otoiawase@kensaibou.or.jp

ホピーくんTOP