メンタルヘルス対策相談窓口・よくある質問(Q&A)

建設業のメンタルヘルス対策を進めるにあたって、お困りごとはありませんか?

建災防では、建設事業者および作業所長等を対象とした無料相談窓口を設置しています。

相談日 毎週月曜日 13:00~16:00(祝日・年末年始を除く)
相談料 無料(但し、通話料については各自ご負担願います)
相談対象者
  • 事業場でメンタルヘルス対策を導入したい。
  • 建設現場でのメンタルヘルス対策をどのように進めればよいか?
  • 「建災防方式健康KYと無記名ストレスチェック」とは?等。

労働者個人の相談については、対応しておりません。個人の方は、働く人の「こころの耳電話相談」 0120-565-455 (月・火 17:00~22:00、土・日 10:00~16:00 *祝日、年末年始を除く)をご利用ください。

おひとりあたりの相談時間の上限を30分とさせていただきます。

専用ダイヤル 03-3453-0974
担当 建設業労働災害防止協会 建設業メンタルヘルス対策アドバイザー

よくある質問(Q&A)

お問い合わせの多い質問をまとめました。

「建災防方式健康KYと無記名ストレスチェック」について

 「建災防方式健康KYと無記名ストレスチェック」とは、どのような取組ですか?
 「建災防方式健康KYと無記名ストレスチェック」とは、多くの建設現場に定着している安全施工サイクルを活用した取組であり、毎日実施する健康KYと工期内に複数回実施する無記名ストレスチェックを組み合わせて行う活動をいいます。
 健康KYとは、KYの中で睡眠、食欲、体調に関する3つの問いかけを職長から各作業員に対して行い、体調に心配がある作業員がいた場合、職長から現場所長等へ報告を行い、その報告を受けた現場所長等が「睡眠スコア」等を用いて、詳しい体調の確認を行います。そして、睡眠スコア3点以上である等、不調が認められる場合は、作業員が所属する事業場へ連絡をする等の対応を行うことで早期対応を図ります。
 一方、無記名ストレスチェックは、作業員全体が集まる安全朝礼等において一斉に「職業性ストレス簡易調査票(23項目)」を実施し、これを集団分析することで現場のストレス状況を把握します。この結果に踏まえて、働きやすい現場となるよう職場環境改善を行います。無記名ストレスチェックの場合、工期内に複数回、数ヶ月に1回程度の間隔で実施することが望ましいと考えられます。
 この取組の進め方、使用ツールについては、平成29年8月発刊の 「建設現場の職場環境改善マニュアル」をご参照ください。
 ストレスチェックの実施と職場環境改善の取組を行いたいのですが、嘱託産業医を選任していない労働者数50人未満の事業場である場合はどうすればよいですか?
 産業医非選任の事業場である場合は、事業場所在地の地域産業保健センター(47都道府県に設置)の利用をお勧めします。当該センターはストレスチェックの実施を代行する機関ではありませんが、長時間労働者及び高ストレス者に対する医師の面接指導等、無料による産業保健サービスを行っています。

「建災防版無記名ストレスチェック実施プログラム」について

 無記名ストレスチェックを実施して、「職業性ストレス簡易調査票(23項目)」の回答が集まりました。この調査票の集計はどのように行うのですか?
 「職業性ストレス簡易調査票(23項目)」の集計については、平成29年8月発刊の「建設現場の職場環境改善マニュアル」に添付されているCD-ROMに調査票の集計用プログラム(「建災防版ストレスチェック実施プログラム」)を含む使用ツール一式が収録されておりますので、 当該マニュアル をご参照ください。
 職場環境改善の取組を進め、「職場環境改善チェックリスト」の集計を行っています。「職場環境改善シート」の集計表には「職長の回答」入力欄が10名分しかありませんが、10名を超える回答がある場合、集計をどのように行うのですか?
 職長による「職場環境改善チェックリスト」の回答が10名分を超える場合は、チェックリストにある30の項目それぞれについて手計算で平均値を算出し、四捨五入にて整数に直した上で、集計表「職長の回答」入力欄の一番左の縦1列に入力してください(30の項目それぞれに1つずつだけ数値が入力されている状態)。
 また、10名を超える職長の中から主要な職長を10名選抜して集計を行うことも可能です。職長を選抜する場合は、請負額・従事人数・作業内容・工程の重要性等の各種基準を総合的に判断してください。
 「建災防版無記名ストレスチェック実施プログラム」を会社の共有フォルダに保存した上で「実施者管理ツール」を使い、集計していたところ「予想していない問題が発生したため、アプリケーションを終了します。管理者に問い合わせてください。」とエラーが出ました。どうすればよいですか?
 「建災防版無記名ストレスチェック実施プログラム」の「実施者管理ツール」は、個人情報漏洩防止のため、特定の実施者のみが参照できる任意の場所に保存して実施することが必要です。詳しくは、CD-ROM内蔵の「操作マニュアル」フォルダ-「設置・設定マニュアル」をご確認ください。
 「建設現場の職場環境改善マニュアル」に添付されているCD-ROMより「建災防版ストレスチェック実施プログラム」をダウンロードし、コンピューターに取り込んで実施していると、「予想していないエラーが発生するため、管理者に問い合わせしてください。」というエラーが出ました。その際にCD-ROMよりプログラムを再度ダウンロードし直しているのですが、不定期で同様のエラーが再発してしまいます。解決方法はありますか?
 CD-ROMよりプログラムを再度ダウンロードし直す際に、エラーが発生した旧プログラムをコンピューターに残した状態のままで新規プログラムを取り込むと、エラーが継続する可能性があります。そのため、旧プログラムを削除してから、新規プログラムのダウンロードを行ってください。

ホピーくんTOP