建設業におけるメンタルヘルス対策

ストレスチェックが義務化される等、労働者の心身の健康に社会的関心が高まる中、建災防では、平成27年12月から委員会を設置して、建設業の業種特性を踏まえたメンタルヘルス対策を検討してきました。

建設業の場合、多くの就業者が働く場は建設現場であり、そこでは一定の工期の中で複数の事業者が混在し、日々人員が入れ替わりながら仕事が進められます。そして、ここに携わる事業者の多くは従業員数50名以下の中小規模建設事業者であり、ストレスチェック制度義務化の対象となっていません。

こうしたことを踏まえると、建設業の場合、安衛法等で定める事業場単位のメンタルヘルス対策とともに、建設現場での取組も併せて進めることが実務上効果的であると考えられます。

そこで考案されたのが建設現場で進めるメンタルヘルス対策、「建災防方式健康KYと無記名ストレスチェック」です。

個人と組織の働き方の見直しが急務となる中、既存の労働災害防止活動の一環として、建設現場でのメンタルヘルス対策に取組み、すべての建設労働者が健康でイキイキ活躍できる「働きやすい」建設現場になることを目指して、各々の現場で「建災防方式健康KYと無記名ストレスチェック」を進めていきましょう。

建災防方式健康KYと無記名ストレスチェックイメージ画像
建災防方式健康KYと無記名ストレスチェック
ただ今準備中です
建災防版無記名ストレスチェック実施プログラムイメージ画像
建災防版無記名ストレスチェック実施プログラム
ただ今準備中です
無記名ストレスチェックを活用した職場環境改善好事例イメージ画像
無記名ストレスチェックを活用した職場環境改善好事例
ただ今準備中です

ホピーくんTOP